2匹のティーンボーイズと    2頭のラブと


by labdy
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2007年 06月 03日 ( 1 )


ラブラ が、初めて我が家にやってきた時の写真です。細~~(泣)
d0115035_1428499.jpg

ラブラは、水道も電気もない劣悪な繁殖所から、子犬たちと共に保護されました。
レスキューのHPに載っていたラブラのプロフィールは、

 <<繁殖所からレスキューした母ラブ。9才。
    屋根のない、草ぼうぼうの中にあった檻の中に
    ヒトリ寂しく、子供たちの居た犬舎の方を見ていました。
    ご飯を思うように食べれなかったため、とてもやせています。
    でも、(保護期間中)食事をする時は、まず子供たちに
    あげていました。散歩後の水も先に飲ませていました。
    夜中、やっと手の届くところにあった、支援物資のフードの袋に
    手を掛け、子供たちのいるケージの前まで運び、
    食べさせていました。
    子供たちには、皆、里親さんが決まり、引き取られてゆきました。
    母ラブにも、良い飼い主さんを探しています...(後略)
 >>

こんな姿なのに食べ物を譲っていたなんて。
d0115035_1111264.jpg

マミーがわんこおじやを作っていると、嬉しくて待ちきれませんでした。
d0115035_8323024.jpg

優しい「お母さん犬」だったラブラは、ウチに来た当初、部屋の隅に置いてある
ラブ・パピーの置物の前から離れようとしませんでした。(泣) 
今でも時々寄り添っています。
d0115035_1430341.jpg

毎日、お散歩中に立ち止まり、じっと眺める家があります。
レスキューされた後、一ヶ月間お世話になったマダムのお宅の造りに似ているのです。
玄関前のテラコッタの階段、2階のバルコニー... 
犬は、自分が助けられたのだということを、決して忘れないのでしょう。  
d0115035_14304113.jpg

先輩犬のサンディは、暖かくラブラを受け入れて、いろんなことを教えました。
一度も意地悪をしたことがありません。(気が弱いので唸ることもできないし...)
泳いだことのないラブラを誘って、いつも、ひとつのボールをラブラの前に差し出します。
一度ラブラが誤って、プールに転落したことがあるので、
その直後から、「この階段を使うのよ~」と、粘り強く教えています。
d0115035_1432852.jpg

[PR]
by labdy | 2007-06-03 14:12